読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よく噛んで食べよう!

小さい時、お腹がすいて勢いよくご飯をかきこんでいると、

 

「ゆっくりよく噛んで食べなさい!」

 

と叱られました。

 

最近はよく噛んで食べるよう意識しているおかげで、一食終えるのに30分以上かかります。すると、身体にいい変化が見えてきました。私の実体験をご紹介します。

 

1.いつもより満腹になる!

よく言われることですが、噛むことによって脳の満腹中枢が刺激され、満腹感を感じさせます。よく噛むことでいつもより少ない量でより満腹感が得られました。

 

2.あごがほっそりした!

よく噛んで食べると、当然アゴが疲れてきます。しかし三食毎によく噛むことを繰り返しているうちに、アゴが鍛えられ疲れにくくなりました。すると以前と比べてアゴがほっそりしてきました。

 

3.消化が良くなり身体が軽くなった!

よく噛んで食べることにより、胃に留まる時間が短くなったような感じがします。朝起きたときもだるさがなく、スッキリと目覚めるようになりました。またお通じも以前より良好です。

 

それ以外にも、少食になることで食費が減ったり、味がよく分かるようになったりといいこと尽くし。よく噛むだけでこんなにも変わるものですね。

 

みなさんも食事をとる時は、よく噛んでゆっくり食べましょう!